アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

秋葉原かんだ食堂のコロッケ定食

f:id:amagiCV12:20170919175000j:plain

秋葉原駅から徒歩5分。

UDXビルの前に、ここが青果市場だった時代から立つ古ぼけた定食屋。

グルメ本などではアキバの名店のように扱われる事の多いお店ですが、どこの街にでもある、サラリーマンが昼時に寄る普通の定食屋です。

f:id:amagiCV12:20170919180057j:plain

個人的にはウィンナー炒め定食がオススメで、いつもそれを頼むのですが、今日は昨日見た異世界食堂の最終回に登場した、コロッケ定食にしたいと思います。

カニクリームコロッケを出すお店は結構あるのですが、意外とコロッケを出してくれるところは少なく、定食となると、ここ以外のお店は秋葉原では自分は知りません。

古ぼけた店内は外見通りのボロっぷりですが、この手のお店によくある脂でギトギトのテーブルなどはなく、古いなりにも手入れがよく行き届いているのが判ります。

店内はテーブル4つにカウンターで、合計30席程。夕方6時の時点で客は10人ほど。既に店内はタバコの煙が充満済み。このお店の欠点の一つですね。

なので、入り口に近く比較的換気が効いているような気がする冷水機に横にあるカウンターが俺の定位置です(苦笑)

f:id:amagiCV12:20170919175302j:plain

勝手に冷水機から水を注ぎ、おばちゃんに注文してから2分程で出てきましたコロッケ定食です。

キャベツ、味噌汁、どんぶり飯はここのお店の基本フォーマットです。

f:id:amagiCV12:20170919175306j:plain

コロッケはどこの惣菜屋でもありそうな普通のコロッケ。揚げたてではありませんが、ちゃんと温かいのが出てきます。

ドレッシングなどという気の利いた物は無いので、コロッケもキャベツもドバっと中濃ソースをぶっかけて頂きます。

味はどこまでも普通。

ご飯も普通。

味噌汁だけは、あまり好みじゃないんですよね。

f:id:amagiCV12:20170919180002j:plain

5分ほどで完食。

おばちゃんに小銭を渡してご馳走様。

ベンガルもなくなり、ここもそう遠くなくビルの耐震補強工事という話になるのでしょうが、それまではこのまま頑張って欲しいものです。