アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

スワン食堂のプリンアラモード

f:id:amagiCV12:20170804181306j:plain

どうにもクラッシックスタイルな料理が多い異世界食堂

今週登場したプリンアラモードも、独特な形状をした器に載った昔ながらのスタイルでしたが、最近はプリンアラモードとは名ばかりのパフェの上にプリンが載っているだけのものや、平皿の上に美しく並べられたものばかりで、クラッシックスタイルを未だに扱っている店は殆どありません。

ネットで調べても秋葉原周辺には殆ど無く、仕事の帰り道に寄れそうな場所にも無い。これは週末に遠出するしかないか? と思っていたところに、御茶ノ水に最近できたお店がクラッシックなプリンアラモードを出してくれるお店があるとの情報が!

昌平橋を渡り、御茶ノ水方面へ坂を登ったところにある高層ビルソラシティの地下一階にあるスワン食堂。こちらがプリンアラモードを置いていると言う話しですが、外見はオサレなバールといった趣で、オッサンが一人で、ましてやプリンアラモードを食べて入れる雰囲気ではありません。

まあ、入るんですけどね(苦笑)

入り口で「デザートだけでも大丈夫ですか? 」と聞くと、1時間だけならOKとの事。プリンアラモードのような喫茶営業は基本夕方までで、この時間はアルコールが前提のようです。

イチャイチャするカップルや、お上品に乾杯する女性グループに囲まれる居たたまれなさで待つこと10分。

f:id:amagiCV12:20170804182215j:plain

来ました。昔ながらのプリンアラモードです。

カルメラが硬い昔っぽいプリン。

スライドカットされたリンゴ。

安っぽいオレンジとサクランボ。

中途半端に盛られた生クリーム。

これぞ昔懐かしきプリンアラモードです。

自分が子供の頃は、緑色はキウイではなくメロンが担当していましたが、これも時代の流れなのでしょう。

では頂きます。

f:id:amagiCV12:20170804182221j:plain

最近のものに比べて甘さ控えめなプリンとクリーム。そういう作りなのか、逆に最近流行りの糖分に配慮した甘くない奴なのか。フルーツも若干酸っぱ目で、ある意味懐かしさを感じつつも、若干の味気無さも覚えます。

5分で完食して居心地の悪い店内からは即撤退(苦笑)

お店が悪い訳ではないのですが、こういうオサレな店は決定的なまでに自分に向いていないと思い知らされた15分でした。

以上、ごちそうさまでした。

 

【食品サンプル】 プリン・アラモード 新品

【食品サンプル】 プリン・アラモード 新品