アキバを食べる

仕事場がアキバから板橋に変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

死神のキョウ 3

 突如姿を消したミコトと、不穏な言動と共に、後を追うように行方をくらましたココロの2人。
 2人の死神の失踪に動揺する恭也とキョウの前から、今度は小桃が姿を消す。
 ミコトと小桃はどこへ消えたのか? そしてココロの真の目的は?
 今までのお気楽展開をぶっちぎった緊迫の第3巻。

 

 3巻目にしてようやく明かされた恭也とキョウの秘密。
 普通の「2巻が出るかは1巻次第」とか「とりあえず1巻に全部詰め込まなきゃならないならない新人賞応募作」ではあり得ないタイミングで、正直ラノベとしてはタイミング外してしまった感も。
 とはいえ、一応人の生き死にをテーマにしている作品なんだから、これくらい重い展開の方が読んでいて落ち着きます。 
 正直今までは「人が死んでるんだぞ!」って言いたくなるくらい軽い展開のクセに、ギャグやブラックコメディに落とす訳でもない中途半端な展開でしたからね。

 

 まあそれはさておき、今回はミコトさん全開でエロいですねー。
 拘束属性は無いんですが「汚れた皿」のシーンはどんだけ嗜虐的な展開だったんだよと、ついドキドキハアハア(ぉ
 この辺は、なんだかんだでエロゲーの脚本を本業にしているだけあって、上手いですね(苦笑

死神のキョウ (3) (一迅社文庫 か 1-3)

死神のキョウ (3) (一迅社文庫 か 1-3)