アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001

宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001

宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001

 

 笹本の本は全てリアルタイムで読んでいる自分が、唯一積読してしまった本に、ようやく手をつけました。
 なんで積読しちゃったかというと、丁度この本が出た頃はニートで、文庫本以外はとても手が出なかっただけなんですが(笑
 種子島のH−IIに始まり、NASAスペースシャトル、ヨーロッパのアリアン、そして再び戻ってH−IIAまで、文字通り取材の為に世界中をまわった作者の放浪記。
 タイトル通り、取材と言うよりも、ブログがmixiの日記を読んでいるみたいで、さりげなく悪行をゲロったりしてて、いやこれ、シャレの判らない連中に読ませたら炎上しそうだよ。
 なんだかんだと言っても資料の多いNASA種子島も、実際に歩き回った人の視点は我々とは全く違う。
 シャトルの組み立て台と発射台を結ぶ地面は、移動時のシャトルがあまりに重すぎて逆にコンクリートで舗装出来ないってのは、行ってみないと判らない類の話。
 日本では話題にすら登らないギアナのアリアンロケット打ち上げの話なんて、まんまロケットガール(笑)
 実際、野尻抱介の名前も何度も文中に登場するので、なんらかの影響はあったんでしょうね。
 まあ、一番の見所は、ライトパターソン基地の博物館に保存されているXB−70バルキリーの前で魂を抜かれる作者とあさりよしとうではないかと(苦笑