アキバを食べる

秋葉原やビックサイト周辺、アニメやマンガの聖地を食べ歩いてます

教範遊撃隊血風録〈3〉ソロモン海、燃ゆ!

教範遊撃隊血風録〈3〉ソロモン海、燃ゆ! (RYU NOVELS)

教範遊撃隊血風録〈3〉ソロモン海、燃ゆ! (RYU NOVELS)

 

 ガダルカナルの支配権を巡って激突する日米。
 なんとかガダルカナルを落とした米軍であったが、そこには日本軍の罠が待ち受けていた。

 

 今回のテーマは宣伝戦。
 徹底的な通商破壊に出た日本軍によって、ガダルカナルで孤立する米軍。
 情報統制が行われている日本と異なり*1報道の自由が認められているアメリカ相手に、積極的にガダルカナルの惨状を報道する日本。
 報道に煽られた市民の突き上げによって、場当たり的な対応を繰り返さざるを得なくなった米軍が、一方的に傷口を広げていく中、刻一刻と米軍を締め上げる日本。

 

 勝つ為には手段は選ばんとはいえ、報道の自由が悪用されているのはなんとも皮肉。
 日本側のイヤらしいところは、自分達に都合の良い部分をクローズアップしているだけで、けしてウソはついて無いんですよね。
 実際、こんな宣伝戦が出来る人間が日本にいたら…………
 やっぱ外務省のお公家様がダメなのか、未だに日本って宣伝戦に弱いですよね。

*1:戦前の日本はラジオも新聞も著しく制限されていた。朝日、毎日、読売が大きくなったのは、多くの新聞が報道の自由を主張して潰されていく中、積極的に情報統制に協力したから。もちろん戦後は「軍に無理矢理」と言い訳をして、自分達が潰した新聞社の復興に手を貸したりはしないどころか、金に飽かせて妨害までしている