アキバを食べる

仕事場がアキバから板橋に変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

蒙古タンメン中本品川店の 濃恋エビエビ麺

f:id:amagiCV12:20190510112022j:plain

やあ、今日も品川に来てゆるゆりのコラボメニューですよ。

f:id:amagiCV12:20190510111952j:plain

今日は激辛で有名な中本品川店。

かつて、北極にチャレンジして胃腸を壊して以来、回避し続けてきた中本にリベンジです。

店内はテーブルとカウンターで30席ほど。

普段は行率の出来る人気店ですが、開店と同時に入ったので、幸い並ばずに済みました。

f:id:amagiCV12:20190510111945j:plain

注文するのは、もちろんコラボメニューの『濃恋エビエビ麺』

公式サイトによると、期間限定メニューだった魚豚濃恋つけ麺をベースにしているとの事。

なお、写真がピンぼけなのは、スルーして下さい。

注文は入り口脇の券売機で食券を購入。

店員さんに渡すとき、熱盛をお願いしたのですが「コラボメニューは熱盛出来ないんですよ」との素気ないお言葉。

他のつけ麺は熱盛出来るような事が書いてあったのに、なんとも釈然としない。

近くのテーブルに座っている外人さんが、運ばれてきた北極を食べて「ウワァーオ!!」とか叫んでいるのを聞きながら待つこと7分。

f:id:amagiCV12:20190510111404j:plain

来ました、濃恋エビエビ麺です。

f:id:amagiCV12:20190510111408j:plain

スープは魚介と豚骨のダブルスープ。その上に魚粉と干しエビの砕いたものが載っています。めちゃくちゃ濃厚で、麺に絡めすぎるとすぐ無くなってしまうので注意。

具はネギとナルト、ノリにメンマ。

コラボメニューである事を考慮したのか、辛さはゼロ。

最近は歳のせいか辛いものがダメになって来たので、プリズマ☆イリヤとのコラボの時みたいに、対象メニューが蒙古タンメンや麻婆だったら多分諦めていたでしょうね。

f:id:amagiCV12:20190510111410j:plain

麺は中太。見た目より量があるので、前述の通りスープが無くならないよう気をつけて食べる必要があります。

トッピングはゆで卵とチャーシュ3枚。普通つけ麺だと細かくカットしたシャーシューがスープと一緒に出てくるパターンが多いのですが、ここではそのまま麺に乗って出てきました。

基本ラーメン用のチャーシューなので、スープと一緒に食べることを前提とした味付けとなっているので、チャーシュー分のスープも計算に入れておきましょう。

スープが足らずに最後はチャーシューで麺を巻いて食べるような事態になってしまった俺との約束だよ!

f:id:amagiCV12:20190510111834j:plain

そして完食

ごちそうさまでした 

tabelog.com

ゆるゆり10周年記念本(仮) (百合姫コミックス)

ゆるゆり10周年記念本(仮) (百合姫コミックス)