アキバを食べる

仕事場がアキバから板橋に変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

シュルプリースの デニッシュセット

f:id:amagiCV12:20181016132428j:plain

今日のランチは孤独のグルメシーズン3 第9話、小竹向原の回に登場したフランス洋菓子のお店シュルプリース

f:id:amagiCV12:20181016132350j:plain

すぐ隣の大山や大谷口には仕事で毎週のように来ているのですが、小竹向原に来たのは今回が初めて。地下鉄から上がると例のトンネルが真正面。そこを左に曲がったところに、ゴローちゃんが前半でケーキを食べたお店シュルプリースがあります。

駅から徒歩30秒。駅チカです。

当初は同じ回でゴローちゃんがサンドイッチを食べたまちのパーラーに行くつもりだったのですが、現地で確認したところ定休日が火曜日、今日じゃねーか。

まあ、仕事で来たついでなので文句も言えません。

一方のシュルプリースの方は営業しているものの、ケーキ屋さんという事でランチという訳には行きそうにありません。せっかくなのでケーキだけでも頂いて……

「軽食セットあります」

とか入口に書いてあるじゃないですか(写真撮り忘れた)

どうやらブランチセットとデニッシュセットの2種類があるようです。

ブランチセットはパン、ケーキ、ミニサラダ。

デニッシュセットはデニッシュ、ミニサラダ。

それぞれコーヒーが付くそうです。ふむふむ、とりあえずランチっぽいものは食べられそうです。

f:id:amagiCV12:20181016131625j:plain

店内は入り口は洋菓子店、奥は中央にピアノがドンと設置された、カフェバーみたいな作りなっています。

有閑マダムな奥様方がコーヒーを片手に「おほほほほ」とかやりそうな雰囲気ですが、幸か不幸か、店内には誰もお客さんはいません。

席に座る前にパンやデニッシュの内容を確認しようと店内を見回しますが、ケーキや焼き菓子は並んでいますが、パンの類は見えません。

最初は店内で売られている出来合いのものが出てくるイートインに毛が生えたようなものを想像していたのですが、どうも違うようです。とはいえ、どんなモノが出てくるのか読めないのも、それはそれで不安ですが、ええいままよっ!!(富野調

「すいません、デニッシュセットをお願いします」

「はい、お飲み物はコーヒーでよろしいですか?」

「コーヒー以外にもあるんですか?」

「コーヒー以外ですと紅茶や台湾茶などもございますが、その場合100円を追加で頂きます」

「じゃあコーヒーでいいです」

「かしこまりましたー」

しまった、勢いでコーヒー頼んじゃったけど、ちゃんとメニュー見てからにすりゃよかった。

などと思ったところで、後の祭り。あとは待つだけ。

f:id:amagiCV12:20181016131120j:plain

コーヒーが出てくるまで5分くらい。

キッチンは奥まっていて見えませんが、エスプレッソマシーンなどではない、ちゃんとドリップしたコーヒーのようです。

f:id:amagiCV12:20181016131207j:plain

そして来ましたデニッシュセット。

細長い方はミート、緑色の方はバジルチーズかな? 出来合いのお惣菜パンみたいの想像していたのですが、両方共サイズも大きく食べごたえがあります。

さすがに焼きたてという事はないのでしょうが、食べやすい温度で温め直してあり、なかなか良い感じです。

ミニサラダはハム、トマト、ゆで卵付き。

軽食とか言ってますが、喫茶店のランチセットと考えれば十分すぎる内容です。

ミートデニッシュの方はちょっとスパイシーな味付け。バジルチーズの方はチーズ大好きオジサンにはたまらなく美味。ケーキだけでなくパン屋でもやって行けますよこれ。近所なら通うレベル。

軽い気持ちで食べた軽食でしたが、十分お腹を満たしてくれました。

目当ての店が閉まってたから、代わりに寄ったとか、申し訳ないレベルでした。

f:id:amagiCV12:20181016131831j:plain

レシートはエッフェル塔でした。

f:id:amagiCV12:20181016161221j:plain

劇中でゴローちゃんが食べていたケーキ

小竹向原トンネルロールまっ茶味はお土産で購入。

f:id:amagiCV12:20181016161311j:plain

いわゆるロールケーキにしては細く、お寿司の太巻きサイズ。

抹茶クリームなので甘さは控えめですが、中にラズベリーソースが入っており、予想に反してちょっと甘酸っぱかったです。

シュルプリース

シュルプリース