アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

日中開戦6 - 核の脅し

 シリーズ6巻目。
 九州南部で孤立した中国軍を各個撃破していく自衛隊および各県の義勇軍部隊。
 不利な状況に中国側は核の使用をチラつかせて来る。
 使えば味方ごと吹き飛ばす事になる核兵器の使用は本気なのか、ブラフなのか。判断に揺れる日本政府だったが……

 

 タイトルにはなってますが、核が話のメインという感じではありません。
 ネットでのちょっとした発言が大きく取り上げられて、兵士が英雄に祭り上げられていく展開はこの作者の毎度の展開ではありますが、この後どういう方向へ行くのやら。

 

日中開戦6 - 核の脅し (C・NOVELS)

日中開戦6 - 核の脅し (C・NOVELS)