アキバを食べる

仕事場がアキバから大山ハッピーロードに変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

山本屋総本家 神田和泉店 玉子入り味噌煮込みうどん

今日はちょっと捻って名古屋名物味噌煮込みうどん。
f:id:amagiCV12:20120322192555j:image
 秋葉原駅昭和通り口から昭和通りを渡り、飲み屋街を突っ切って、三井記念病院の前まで出たところにある味噌煮込みうどん専門店『山本屋総本家 神田和泉店』
 写真の通り、非常に目立たない建物なので、地図なしで行くのはかなり無謀。
 店内はカウンターが六人だけで、うどん屋というより一杯飲み屋の風情。
 二階席もあるようですが、見えないので詳細は不明。
f:id:amagiCV12:20120322190929j:image
 注文して10分ほどで出てきました、玉子入り味噌煮込みうどん。
f:id:amagiCV12:20120322190944j:image
 ガッツリぐつぐつ煮立ってますねー。
 濃いめの味噌に蒲鉾が浮いてるのは、いかにもな名古屋の味噌煮込みうどんですね。
 同じ味噌煮込みでも、野菜がたくさん浮いてる信州のほうとうとは趣が随分と違います。
f:id:amagiCV12:20120322191519j:image
 名古屋名物ガチガチに固いうどん。
 名古屋の味噌煮込みうどんは、これだけ煮込んでるのどうして? ってくらいうどんが固いことで有名ですが、ここの堅さはかなりガチ。
 知らない人が食べたら「生煮えじゃないか!」と怒っても不思議じゃ無いレベル。
 別の店で食べた時もここまでは固くなかったので、この店特有なのかな?
 どちらにしろ、関東人にはちょっとハードル高めです。
 つーか、胃腸の調子が悪くてうどんを食べてるのに、こんな固いうどん食べて大丈夫なのか俺?(笑
f:id:amagiCV12:20120322191753j:image
 〆は100円でご飯を追加して雑炊モード。
f:id:amagiCV12:20120322191834j:image
 お米が汁を吸うまで少し待っていると、底の方に溜まっている玉子も混ざり合っていい感じになります。
f:id:amagiCV12:20120322192402j:image
 完食。
 うどんはちょっとクセがあるので誰にでもお勧めという訳には行かないけど、味噌雑炊は非常に美味。

 普段の味気ない素うどんにくらべれば、胃腸への負担は大きいので、明日がちょっと不安だけど、多少は変化つけないと胃腸の前に精神が参ってしまうのて、またタマにはいいでしょう。