アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

修羅の門 第弐門(5)著:川原正敏

 さて、今日の本は修羅の門 第弐門 5巻。
 台湾裏社会が送り込んできた、呂布の名を冠する最強の使い手と戦う九十九。

 

 因縁や謎がいろいろとあった毅波秀明との戦いと違い、唐突に出てきた感のある台湾裏社会云々の設定はどうも馴染めない。
 特に、今の陸奥が感情移入を拒むキャラに設定されてるだけに、作品そのものへの感情移入すら拒む形になってて辛い。
 このまま『陸奥の謎』が解けずに話が進むと、読者ついて行けなくなるんじゃないか?

修羅の門 第弐門(5) (講談社コミックス月刊マガジン)

修羅の門 第弐門(5) (講談社コミックス月刊マガジン)