アキバを食べる

仕事場がアキバから板橋に変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

ペンギン・サマー 著:六塚光

 少年と少女のひと夏の不思議体験系でありながらボーイ・ミーツ・ガールじゃ無い珍しい作品。
 宇宙人、タイムスリップ、悪の秘密結社、改造人間、伝奇と、いろいろな物を詰め込みすぎなきらいもあるけど、単発読み切りと割り切ってのネタとしては面白い。
 割と実験的な文章とストーリー構成なのは、実績のあるベテラン作家と、まだブランドの方向性が固まっていない一迅社だから出来た事なのかな?

ペンギン・サマー (一迅社文庫)

ペンギン・サマー (一迅社文庫)