アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

死図眼のイタカ 著: 杉井光

 古の伝統と長い歴史で積み上げてきた権力によって地方都市を支配する旧家を舞台に、一族の血塗られた歴史と闇を暴く伝奇ホラー。
 タイトルからするとクトゥルー系ホラーっぽいですが、名前や用語を多少クトゥルーから引用しているけど、基本的には陰陽術系のフレーズが多用されるなど和風。
 主人公以外の登場人物が、感情移入する間もなくバシバシ惨たらしく殺し/殺されていくので、キャラ萌えとかする余裕一切無し。
 イラストで騙されるけど、祥伝社のNONブックスで菊地秀行の隣に並んでいてもおかしくないくらいの正当派。
 まあ、だからこそシリーズが続かなかったんだろうけど(苦笑

死図眼のイタカ (一迅社文庫)

死図眼のイタカ (一迅社文庫)

 

[rakuten:book:12930888:detail]