アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

仮面ライダー響鬼―明日への指針(コンパス)

 仮面ライダー響鬼の前半、屋久島から明日夢の高校受験までを明日夢視点で描いたノベライズ小説。

 仮面ライダーの小説というより受験に悩む青春小説と言った趣で、自分の優柔不断な性格に悩んでいた明日夢が、響鬼というとんでもない存在と出会う事で成長していく姿を淡々と描いています。

 当時のスタッフが明日夢というキャラクターを響鬼という作品の中でどういう位置づけに置いていたのかよく判る作品ですが…………まあ、その後の響鬼がどうなったかは皆さん御存知の通り(苦笑

 

 しかし、ひとみちゃんが全身から放つラブラブオーラに全然気がつかない明日夢くんはエロゲー主人公ですか?(笑