アキバを食べる

秋葉原>御徒町>上野周辺を食べ歩いているオタクです

教範遊撃隊血風録〈4〉蒼海の死闘!

教範遊撃隊血風録〈4〉蒼海の死闘! (RYU NOVELS)

教範遊撃隊血風録〈4〉蒼海の死闘! (RYU NOVELS)

 

 シリーズ完結編。
 宣伝戦の敗北により、軍事的オプションを政治的に封じられた米軍。
 これ以上敗北すれば政権を維持出来なくなると考えた米政府は、東条英機のクビと引き替えに、ついに停戦に応じる。

 

 日米の戦いってのは落とし所が非常に難しい。
 アメリカは東京を落とすことが出来るのに対し、日本はどんなに頑張ってもワシントンに攻め込むことは出来ない。
 となれば、欧州のように「ベルリンを落とせば」「モスクワを落とせば」「パリを落とせば」「ロンドンを落とせば」ではケリが、少なくとも日本側に都合の良い形ではつけようが無い。
 往々にしてまともな架空戦記が、日米停戦で終わるのはこれが理由と言っていいだろう。
 この作品でも、宣伝という政治に破れたアメリカは、東条の退陣という実に政治的な成果をもって停戦に応じている。
 意外なことに、架空戦記を読む人*1には、こういう政治的な見方を理解出来ない人が多い。
 つーか、うちの会社に一人そーいうのがいるんだ(苦笑)
 

*1:書く人では無い