アキバを食べる

仕事場がアキバから大山ハッピーロードに変わってしまった為、現状タイトル詐欺になってます

トニーたけざきのガンダム漫画 III

 三巻に到達するに至り、ギャクマンガというより、単なるガンオタの自分語り、ただの設定考察本となってしまいましたが、徳光康之と違ってウザさを感じないのは何故でしょう?